« 産まれました | トップページ | 今日で2ヶ月 »

2009年11月10日 (火)

1ヶ月

P1010109
どーも!
お風呂好きすぎて
こんな顔になっちゃいました!

2日で新大が産まれて1ヶ月が経ちました
彼にとってこの1ヶ月は
きっとびっくりすることの連続だっただろうなあと思います
外って寒いんだ、とか
外ってうるさいんだ、とか
外ってまぶしいんだ、とか

母乳の味はお気に召したようで、しっかり飲んでくれます
ぱちっと目覚めると「あ、あ、」といって大きな口を開け
右へ左へ空をさまよっています(笑)
右のおっぱいがどうも苦手なようで
ベスポジが決まるまで何度もくわえては離しを繰り返し
くわえる→ちょっと吸ってみる→なんか違う!と離す→くわえ直すで
時にはうまくできない自分にかんしゃくを起こしてピー!!と泣き
落ち着くのに5分近くかかることも
そのせいで私も右は苦手意識があります
親子で得意不得意があるってウケます、ほんと

相変わらず無駄には泣かず、欲求がシンプルです
おっぱい下さい、眠いです、側にいて下さい
それが満たされれば満足そうな様子で静かに起きているか寝てます
まー、よう寝ますわ
寝入る時に抱っこがよくなってきたのと、
起きてる時や眠りが浅い時に側にいてほしいようです
気配がないと「あー!!」と大きな声で呼びます
この1ヶ月でも徐々に知恵がついていくんだなあ、と感心しますが
基本的には手のかからない育てやすい子だと思います←今のところ!ここ強調したい

これも母乳が出ていて、新大も飲めるようになったからだと思います
ここまで軌道に乗せる最初の2週間はしんどかった〜
妊娠中から母乳が出る人もいれば、なかなか出ない人もいて
私はたぶん標準的だったと思われますが
明日香医院は簡単にミルクを足すことをせず
母乳哺育を徹底的にサポートする、というスタンス
(明日香は完全母乳率98%。一般的には40%くらいだそう)
サポートするってことは、ドロップアウトもできないわけで…
なんでこんなに辛いの?!ってくらい辛かった

お産はいろいろと思うところがあったのですが
母乳で育てることにそんなにこだわってなかった(というか考えてなかった)ので
言われるがまま
明日香の推奨するザ桶谷式に乗って駆け抜けて来たわけですが…
なにが辛いって、3時間置きに出ないおっぱいを吸わせること
入院中は3時間おきに助産師さんがやってきて
寝てようが起こして一緒に授乳しました
新大はなかなか起きないので吸わせては起こし、起きたら吸わせで
2時間近くかかってやっと1回の授乳が終わり…
つまりはインターバルは1時間しかないわけで
ウトウトしたらもう次の授乳で「korinkyさ〜ん」とやって来ます
助産師さんは私たちに合う飲ませ方やくわえさせ方を
試行錯誤しながら授乳中ずっと側にいてくれますが
つまりは「ちょっと今回はタイム…休ませて…」みたいなのはなし
「さっき寝たばっかりなんですけど…」
「さっきまでずっと飲んでたんですけど…」とアピールしても
きっちりやるんです
で、必要量飲めているか授乳前後に新大の体重を計るのですが
到底足りていない…
自力で飲めてないし、出ていないのを
数字で知らしめられる、そんな3時間の連続なのでした
だけどミルクは足さず、出るまでひたすら吸わせます
だけど新大はすぐ寝てしまうので
搾乳してスプーンで飲ませてました
搾乳は手搾りなんだけど、その痛いことといったら!!
今は何でもないのですが、最初の数日は本当に涙が前に出るほど痛かった
死ぬほど痛いのに、最初なんて搾っても5ccとかしか出ず
でも母乳は刺激しないと出ないので、吸わないなら搾乳するしかないのだけど
産後ダダ疲れしている体とホルモンバランスが激変している心には
もう地獄でした

最も辛かったのは「搾乳が痛い」これに尽きる
だけど私は耐えました
痛い搾乳を何度も何度も耐えて
翌昼違う助産師さんがやって来て同じように搾乳したんですが
これが痛くない
もう何かがドーーーーっと崩れていく感じがしました
「搾乳って痛くないんですか…」と聞いたら
「搾乳は痛くないんですよ〜」
「korinkyさんのおっぱいはほんとにいいおっぱいですね。絶対母乳だけでいけますよ」とニコニコしてる
そんな天使の様子を見て自然に涙が…
ひたすら搾乳しながらも、私の様子に気づいたのか

「korinkyさん的には、お産よりもおっぱいの方が辛いって感じですか」と

次の瞬間、涙が滝のように溢れてきて
私は産後初めて大泣きしました
泣いても泣いても止まらない涙をタオルで押さえて
やっと泣けた、そんな風にも思いました
泣きながらもおっぱいは出しっ放し
私=泣く、助産師さん=乳搾りという変な図ができあがったわけですが(笑)

その後、助産師主任さんが来てお話を聞いてくれて
夜には先生まで「korinkyさ〜ん、凹んでるんだって?」と来て
励ましてくれてまた泣き、随分とすっきりしました
その夜です。新大のおっぱいスイッチが入ったのは
自力で4ccしか飲めなかったのに
20ccという新記録を叩き出し哺乳量はどんどん増えていきました
母乳が出始めたのが先か、新大が吸えるようになったのが先かは分からないけど
「もう泣かなくていいよ!」と言われているようでまた泣けて(笑)
それはそれはすごい進歩でした

翌日体重が下げ止まり、増え始めたので退院したわけですが、
中一日で再び訪れた時にまた減っていたので再入院しました
皆さんに心配された再入院でしたが、別に病気とかではなく
つまりはおっぱい合宿です
一般的な病院ならミルクを足すところを
そうしないからの入院です
ああ、この出費が予想外でそれが何より凹んだわけですがね!

こんな状況の中でも、新大がおっぱいくれ!と泣かないで
ひたすら寝ててくれたのには助けられました
あれでギャン泣きとかされてたら…と思うとぞっとします

今ではダラダラ飲んでも必要量飲めているようで
体重も順調に(なんと1日あたり50g!赤子ってすごい)増えています
明日香はおっぱいケアといって
産まれてから1ヶ月検診までの間、約1週間に1回くらいのペースで通い
おっぱいマッサージと、授乳前後に体重測定をして哺乳量をみたりしますが
世間一般1ヶ月検診まではじっとしているこの時期
こうして出て行けたのは私にとってはよかったです
明日香に行くと無条件にホッとしたし、
おっぱいが出てることも新大の体重が増えてることも確認できて安心でした
体重が増えてくると気持ち的に随分楽になりました

もうひとつ辛かったのが夜中の授乳
夜3時間以内に起きない新大のために
言いつけを守ってアラームをかけてました
寝てるから起こして授乳してたけど
それをやめました
「泣いたらでいいですよ」と言う市の助産師さんの話に、
明日香のやり方もひとつ、絶対じゃない、それでも体重は増えているのだから、と
自分を苦しめないようにしました
起きるのをやめた夜、
ほっといても泣いて起きた新大に
「この子もちゃんと夜中泣いて起きる子なんだ」と妙に感心
だけど4時間半〜5時間が彼のペースのよう
結構まとまって寝てくれるので体が楽になりました
新大も欲しくて起きるのでよく飲みます
授乳の途中で寝なくなり、授乳時間が短くて済むようになりました
もう、いいこと尽くし!!
その代わり、お昼はきっちりあげるようにしてます
といっても、不思議と昼は3時間あけずに欲しがるんだよな
1ヶ月経たないうちに彼のペースができ始めているのを感じます

こう思うといろんな出来事と感情が詰まった1ヶ月だったんだなあ
新大がずいぶん丸くなってきたことでそれを実感します
よく頑張った
だけどよく力も抜けた
ノイローゼとかとは無縁の1ヶ月でした
これはこれからなのかもしれません
覚悟しておかなければ

6日は1ヶ月検診
これで明日香は卒業です
ちょっとしんみりしそうだな

P1010104_2
授乳クッションの上が一番よく寝ます。。

|

« 産まれました | トップページ | 今日で2ヶ月 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

今さらこっちに!な感じで本当に申し訳ないですが…おめでとうございます^^
そしてもう1ヶ月にもなるんですね
最初の写真の新大君の真剣な表情に、びっくりしてしまいました maple
病院によって、方針というのはずいぶん違うものなんですね
Korinkyさんの詳細レポート、すばらしい~

投稿: ainosu | 2009年11月12日 (木) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 産まれました | トップページ | 今日で2ヶ月 »