« 初診予約と動揺 | トップページ | Yクリニック受診 »

2009年6月21日 (日)

我が家のキャンドルナイト

R0010318
先週日曜日の21日(日)夏至の夜は100万人のキャンドルナイトでした
http://www.candle-night.org/jp/index.html

去年は仕事でできなかったけど
今年はうちも参加

夏至の夜20時〜22時までの間
でんきを消して キャンドルを灯して過ごす
エコを声高く叫ぶイベントではなく
いつもとは少し違うスローな時間を楽しもうというもの
とはいえ、今や世界中で広がるこの呼びかけは
結果ものすごい量のエネルギーをセーブするようですが
東京タワーも消えるんだって

夜の8時ちょっと前から
でんきがないとできないこと
ご飯を食べたり、明日の準備をしたりなどを済ませて
8時過ぎからキャンドルと灯してお風呂に入った
一度前の家でお風呂のでんきが球切れになった時に
キャンドルでお風呂に入ったことがあったっけ
それ以来の出来事
お風呂を上がってからもでんきは消したまま
ハンモックでしばらく揺られてから
眠りにつきました

オットは
火災報知器鳴らないかな?
暑くなってない?
と最初はおっかなびっくりな様子でしたが
徐々にキャンドルマジックにかかっていった
暗くて不便なのかな、と思ったけど
充分事足りるんですよね ろうそくの光で
シャンプーだってリンスだって分かるし
歩くことだってできるし
台所にお水を汲みに行くことだってできる
しいて不便なことといえば
読み書きぐらい
だから昔の人は
日の出とともに起きて
太陽の光という恩恵を崇め過ごしたのだろうと思う
明るい時には明るい時にしかできないことをすればいい
暗くなったら手を休めていいのだと
不思議だけどそんなことを思いました
視界が明るすぎないせいか
水の音がよく聞こえた
他の眠っていた神経が呼び起こされる感じが気持ちよかった

できることが限られるので
オットとはいろんなことを話しました
家族のこと
産まれてくる子供のこと
コミュニケーションのこと
世界平和のこと
ろうそくの光のこと
自分たちが生まれた時のこと
健康のこと
働くということ
いろいろ
明らかにいつもよりスローで密な時間が過ぎていきました

子供が小さいうちは危ないかもしれないけど
きっといつもとは違う世界を喜ぶんじゃないかな
たまにこうして過ごすと
火は危ないもの 熱いものと分かっていい
神経が研ぎすまされていい
相手の話に耳を傾けられていい
ほんとによかった

100万人のキャンドルナイトのメインは夏至の夜だけど
7/7までの毎晩夜8時〜10時までの2時間
でんきを消してロウソクを灯そうとよびかけられています
まだ未経験の方はぜひ!
R0010319

|

« 初診予約と動揺 | トップページ | Yクリニック受診 »

日記」カテゴリの記事

コメント

night
お二人の生活の様子が良く分かります。
希里ちゃんが華やかで多忙な業務から開放されて、初めてお腹に子を宿し母親の気持ちと家族とういう点に新たな感慨を覚えたのではないかと思う。家族が支え合って、子宝のある生活は、幸せを感じるよ!
当方も、公子さんの母である治江おばあちゃんからの「ささやかな幸せを大切に!」
が未だに頭にこびりついているが、幸せって「家族」だと思える。

投稿: old boy | 2009年7月 7日 (火) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初診予約と動揺 | トップページ | Yクリニック受診 »