« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

2009年5月28日 (木)

お産の家

産む場所について少し。

私がお産でお世話になるのは「明日香医院」という産院です。
そこは女医さんがひとりと、助産師さんが数名、あとは家政スタッフさんが数名の小さな個人産院で、自然分娩と母乳育児に徹底的に取り組みサポートしてくれる方針のお産の家です。

そことの出会いはもともとは先生の著書「分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい」だったと思うのですが、あまりに昔で、いつなのか、どのようになのかは思い出せません。まだ独身の頃に手に取り読む機会があったのですが、それはそれは衝撃的な出会いでした。

書名からして、妊娠した人が読むものだろう、と遠ざけてAmazonの買い物カゴに入れっぱなしにしてきたのですが、何やらとにかく気になって仕方がない。それである日思い立ってえい!と注文しました。もう約10年も前の話です。見つけてから購入するまでも何ヶ月か、何年か経っていたと思います。

それだけ思い切ってクリックしてやってきたその本は、ずっしりと重く、小さい字でびっしりと、1ページ2段式の読み応えのあるもので、合間に入っている写真は今まで見たいことないような、リアルなお産の現場をありのまま載せている、初見で充分な衝撃のある本でした。だけど不思議とあたたかい、というか、読み進めていくほどにストンと落ちる感覚がありました。それまで自分が思っていた”どうしてもそうじゃないとダメですか?”の疑問を、分かりやすく論理的に、そして潔く、”あたりまえ”について導いてくれる感覚がありました。それはお産という出来事を誠実に伝えるだけでなく、お産という切り口から、女性としてあたりまえの生き方、自分らしいあり方、命の大切さを思い知らせてくれる、力強く私の背中を押してくれる名著でした。とにかく、とても泣けました。

それ以来、いつか自分にも産むという縁があればこんな方に、こんなところにお世話になりたいと思うようになり、それから十年の月日が流れました。その間に私は変わらず仕事に遊びにと、忙しくも充実した日々を送っていました。そして今のオットと再会し、その約3年後に結婚、その更に3年後の今年、ありがたくも子を授かったのです。ちょうど1年半以上をかけて取り組んでいたコーポラティブハウスが完成し、入居して間もなくのことでした。あまりにタイミングのよい出来事だったので、本当にびっくりした(今でもしみじみそうだし)と同時に、頭の片隅に置いていた、”どうしてもそうやって産まないとダメですか?”の疑問を紐解く時が来た、と感じました。

続く


分娩台よ、さようなら 分娩台よ、さようなら

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


| | コメント (0)

当たり前の心理

満員でもない電車の優先席で、妊婦に席を譲れないサラリーマンの心理が知りたい。

都会ではマタニティーマークという便利なプチアイテムが出回っていて
ん?この人どっちだ?
っていう微妙な人も
そのキーホルダーを見れば妊婦だと見分けがつき、
車内放送はかかり、
子連れや妊婦、体の不自由な方のステッカーが貼られ
座席やつり革の色も違っている異空間な優先席。
ましてや腹の出た妊婦が目の前に立ち、
そんなに好条件が揃っているにも関わらず
座っていられるサラリーマンの心理を知りたい。

別に妊婦と言っても
みんながみんな座りたいと思ってるわけではない。
うちの産院のように
妊婦安静説なんて大嘘、という考えのもと
すこぶる体調のいい私などは
むしろ踵を浮かす勢いで立っていたかったりする。

なのだけど、
答を教えてもらった万人が点取れるテストで
え?間違えちゃった?
みたいな様子には首をかしげてしまった。

前にも。
超混みの電車で何席も離れた女性からトントンと呼ばれ、
「どうぞ、座ってください」
と声をかけてもらった時も、
私の目の前にはずらり若いサラリーマンが座っていた。
きっとその女性はしばらーく状況を見て
しびれを切らしたに違いない。
だって彼女の声はやや苛立っていたから(笑)。
あまりに満員で、その席まで移動不可だったし
すぐ降りるしで
お気持ちだけ、と遠慮したのだけど、
その後も「じゃあ私が」と言い出すリーマンはいなかった。

そんなことがあると
友達(一児の母)と一緒に電車に乗った時のことを思い出すのだけどね、
そん時も優先席で、私は座って
隣が空いてたから
「Mも座りなよ」と言ったら
「いーのいーの。ほんとに席譲ってほしい人ってなかなか自分で言えないからさ」
って言い、傍らで立ってた彼女を。
(優先席では)必要ない人は空いてるから座るんじゃなく
必要ないなら座らないっていう彼女の考え。
人一倍つわりがひどかった彼女だからこその美学なのだろう、
目から鱗だったわけですよ。

私、恥ずかしながら優先席で携帯を使ってて
「ペースメーカー入れてるから」とたしなめられた経験が二度ほどあるので
いつもは普通の席に座るのだけど、
満員電車の時は優先席に行くことが多いんです。
人それぞれとは思うのだけど、
比較的空間に余裕があるってのと、
万が一常識的な人がいたとして譲ってくれるとして、
普通席で席を譲るのって
あのギューギュー地獄じゃ至難の業だから
周りの人たちに迷惑かけないようにって思うのと、
何やねんせっかく座ってんのに、優先席行けよ
と、こう思う人もいるやろしとね。

で、乗り込んだ今日の電車。
あー出世しないねちみらは…
仕事ができなくても
そーゆー当たり前の事が
あったりまえーにできる。
頼むからそういう男前になってはくれないだろうか。
幾度となく職場でもこんな話を同僚と繰り返したものだけど、
やっぱはびこってるのね、そういうイケてない人らはと、
引き続き、せめてうちのオットにはお願いしようと、
赤子が男子なら特にこういう気付きに対応できる人にと、
朝の中央線に思うのでした。
嗚呼、お節介な欧米人が懐かしい。
何でもかんでもじゃよくないけど、
あの未知的空間での当たり前コミュニケーションができる人が増えれば
日本は変わると思う。

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

携帯が壊れて

もうねぇ、ご無沙汰しちゃってすんません。
ネタはなくもないんですが
PCに長く向かってると首をやられる
→カイロの先生にばっちり指摘される
→安産のためには何が必要なんでしたっけ?となる

ええ、地道な努力です
生活習慣の改善です…
正しい姿勢です… …

でも今日はまだ朝早いし?←意味不明
昨日はオットと2時間歩けたし?←ノルマ未達ですが? 
よしとする!

最近携帯が壊れまして。壊れたというか、狂ったというか、まず、充電ができなくなりました。これは多分、あのコンビニとかで売ってる携行用充電器?を反対に差し込んだあたしが悪い、と思う。あの差し込み口がダメになってしまうととっても不便で、室内補助アンテナ(それ何?って言わないでっ。地下住戸には必須)を使えなくなったり、ホルダーなしでは充電ができなくなりました。

それから程なくして、ある日突然音楽プレーヤーが鳴り出した。あたしは携帯で音楽を聴く人ではないのでダウンロードした覚えはないのだけど、急に鳴った。どうやらプレインストールされてる曲らしい。それが日に何度も鳴った。疑っていたオットがいる土曜昼下がりにも鳴った。別にお気に入りでもない、聞いたこともない曲が携帯から鳴り出すってちょっとした恐怖〜!

ドコモに行ったら「あー、これは修理交換が必要ですねー」とのこと。まだこの機種にして(というかドコモになって)1年経ってませんが…。相当かかっちゃうんですよね?そういうのって…とよく聞くと選択肢が2つあるらしい。

その1、古い機種をドコモに渡し修理してもらう(2100円)
その2、携帯補償保険を使い、新機種に交換(5250円)

値段から見ると無給な人はその1なべきなのだけど、ネックなのはその1は修理まで約3週間かかること、修理から帰ってきた携帯は個人情報の兼ね合いもありデータが全て初期化=消去されてしまうこと、その点選択肢その2は、連絡すれば1日で新機種が届き、後日旧機種を郵送すればいいので、手元で自分でデータ移行ができるというメリットがある。その代わり全く一緒の機種がない場合は別機種をお届けになるかも、とのこと。

なにせ、充電のコネクタ不具合なのでデータの移行が店頭にあるような機械でできず、SDカード経由でするしかなさそうで、それだと移行できるのは一部のデータに限られてしまうから、やはり手元で確認しながらやろう、と思い、選択肢その2にすることに。

補償会社に電話したところ、すんなり手続きとなったのだけど、全く同じ機種の同じ色の在庫がない(N905iレッドでした)とのことで他メーカーの905シリーズか、同メーカーだと906シリーズになるとのこと(ちなみに他メーカーも選択可)。メーカーが変わるとまた使い勝手が変わってしまうからなあ、っていうのと、え?上位機種なら文句ないですよね(笑)? ということで、906シリーズになりました。店頭にはもちろんもうそんな古いのは置いてないので、ネットで機能をチェックし、発注。

それにしてもなぜこんなに早く携帯が調子悪くなるのか…。今回の原因の多くは多分、私の人為的ミスなのだけど、そういえば私の職場では携帯の経年化が早いという話があり、それはきっとほんとで、 同僚の携帯が電源を切ったままお戻りにならなかったり、電源を入れたら初期化されていた話はよく聞きます。
電磁波にやられてるんだろ、ということで、仕事場では我々の携帯寿命は1年だな、が主な意見でした。あんなでっかいメカの、某システムなんか近くは結構な電磁波が出てるらしい。それからレンジ。多用するのだけど、あれもやばいらしい。端末なんかはそういう機器の側には置かないように!と言われたっけ。役割的にそういう機器はよく触ってたけど、体は無事ですか?!と心配になります。

というわけで、
新しく届いた携帯にせっせとデータを移し、なんとか使えるようになりました。電話帳は電話帳お預かりサービスに入っていたのでそちらで最新化してOK。いくつか移せなかったものもありますが(ダウンロードしたものとか)、それは機種変更だと仕方がないそうです。

今度の携帯は室内補助アンテナを接続しつつ、ホルダーで充電できるので (前のはコネクタの位置がそうできなくなってた) うちでもばっちりバリ3となりました。圏外だとアンテナを探して電池の消費がすごかったのですが、そういうこともなくなりそうです。 変えてよかった。

とまあ、
すっかり携行型電子機器に翻弄されている現代人になってしまいましたが、携帯があんまり使えなかったこないだまでも、結構それはそれでよかったというか、やったことはないけど、ノーパンで寝るような開放感?でした。が、使えるなら使えるで、大事に使いたいと思います。

皆様もあの携行型電池式充電器使う時は慎重にー!

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

住民会

コーポラの方たちとは入居以来、ちょこちょこ寄り合い語らっております。

この日はGWに白神山地へ旅行に行かれたご夫婦宅から「美味しいりんごジュースがあるよー!」と声をかけてもらい、その日在宅していた人たちで集まりました。
私含め妊婦が2名、うちのオットと、お酒を飲めない人がいるがためにまぁ、素敵な企画です。

初めて見る一升瓶に入ったりんごジュース!
Dscf5987

オット(アルコールは受け付けません)が一升瓶で液体を注がれている様がなんとも珍しかった(笑)のでパチリ。

これなんと1本300円台!なんだって。なのにとーっても美味しいっ。しかも、品種によって味が違う。すっきり酸味が強かったり、優しく甘かったり…魅惑だわ、りんごジュース。

テーブルにはAちゃんお手製のお料理、他持ち寄りのものが並びました。何度も言いますが、コーポラの奥様方みんなお料理上手です!そして旦那樣方もよく動きます。

チキンの野菜巻きグリル でしょ
アスパラと卵のサラダケッパー風味 でしょ
いろいろきのこ炒め でしょ
トマトの冷製パスタ でしょ
レタスサラダ でしょ
浸し豆 でしょ
AOSANのパン でしょ

すごい豪華。幸せ。

うちはアルパージュで買ってあったチーズ(ウォッシュと青カビ)と、ワインのジャムと、出かけたついでに買ったメゾンカイザーのバゲットとオリーブのパンを持っていきました。それから俵おむすびも。飲めなくなってからご飯が恋しいので積極的に(笑)。

Dscf5990

幸せな風景。
いつも時が経つのが早くて、話したいこと話足りないで解散しちゃう感じだね、と言い合っています。

この日は他住戸に新しい住民のご夫婦がお引っ越し。また賑やかになりそうです。

ごちそうさまでした!

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »