« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の記事

2008年2月11日 (月)

地鎮祭

そうだそうだ、最近書いてない家のこと。
いろいろあるのですが、まずは一大イベントの地鎮祭のお話。

去る2月11日(祝)寒さがちょっと和らいで風が止んだ日、私たちのコーポラティブハウスが建つ予定地で地鎮祭が執り行われました。
地鎮祭とは、施主(つまりは私たち組合員)、設計者、施工者が一同に会して工事着工を祝い、工事の安全を祈願する祭事。
まさに、節目の日です。

生まれて初めて、そしておそらく最初で最後であろう地鎮祭。それはそれは楽しみでありました。
地鎮祭ということは、いよいよ工事が始まるということであり、様々なリクエストと、厳しい価格交渉を乗り越えて私たちの工事を請け負うことになった建設会社の方々と初めてお会いする日でもあり、10月の組合結成式以来他の住戸の方々にも会えるということであり、新しく決まった5戸目のご夫婦がいらっしゃるというし、なんと(この時点ではまだ正式決定ではないけれど)6戸目の方々も地鎮祭に出席されるという。(その後、6戸目の方も参加が決定した♪)

当日の午前中はファイナンシャルプランナー(FP)相談があって、家へのモチベーションがMAXで、お腹も空いていたのでやや早めに現地入り。
一番乗りだろう、と思ったら駅でAさんご夫妻を発見!「気持ちがはやってしまって(笑)」その気持ち分かります。
Aさんご夫妻は私たちより先にFP相談に行かれていたこともあってお互いの「どうだった?」が飛び出すことに〜。
KALDIカフェでお茶しながら佳境のインフィルの話などで準備運動して現地に向かいました。

ただの更地だった建設予定地にはテントが建っていたー。その中には立派な祭壇が!おおおーーほんとにほんもの(なんだそりゃ)。
「本日はおめでとうございます」と迎えられて
ええ?ああ、施主なんだよなあ、としみじみ。
Dscf4425

地鎮祭の前に、工事請負契約を結ぶため、契約書に押印&サイン。
コーポラティブハウスは、組合が建設会社に工事を依頼する、という形で、組合員を代表して理事長に組合印を押してもらい私たち組合員は順番に押印するという形。
工事費は、なんと、○億○千万円と言う、びっくり価格であった。
個々の住戸の価格が×9戸分集まっただけで、支払いは個々なんだけど、億って数字にリアルに関わるとじわじわと実感が。
ちゃんと建ってくれますように。
Dscf4438

それから地鎮祭本番。
手水桶で清めてからテントの中に入って着席する。神主さんは地元の神社の方で、声が独特でした。しゃべり始めると止んでいた風がさーっと吹いてきた。気になるわ〜 あの動きといい 声といい… 不思議な職業やわ〜
最中はほとんどは座っているんだけど、玉串奉奠(たまぐしほうてん)では、各住戸祭壇に玉串を捧げて拝礼する。
うちの番がやって来て、オットとふたりで前に出て、神主さんから玉串を受け取ってオットが置いた。それから2礼2拍手1礼のはず…
が、オットはいきなりさーーーっつと両手を大きく開いて拍手の用意!とっさに「2礼!」と後ろからつっこむ私。おーい、赤っ恥かよ〜「オレ、何も知らんかった…」とオット。
確かに何の説明もなかったけど。
こんな時にチクロー先生を拝んでいた甲斐があったとは。(全寮制だった高校では毎朝晩創設者の神殿にお参りする習わしがあった)
そして無事に地鎮祭は終わりました。
Dscf4454

最後に「鎮物(しずめもの)」と言って、土地の神様を鎮めるためのもの(中身は不明)を建設会社の方が預かってくれていた。それは基礎工事の時に地中に埋めるのだそう。おもしろい!
ちょうどうちの住戸の下かもね!とのこと。だとしたら何だかありがたいなあ。

その後、場所を変えて直会(なおらい)と5住戸目の参加者Oさんご夫婦の歓迎会を兼ねたパーティーが行われた。2次会もほとんどの人が参加して、賑やかだった。
楽しい1日になりました。

とにかく事故なく
そしてできるだけ早くできあがりますように

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

大地宅配のその後

9月に無料体験入会に申し込んでから半年、我が家の大地宅配生活もペースができてきました。その後どうなの?と気にしてくれている方もいるので、長くなりますがレポートします。

安心はおいしい!をモットーに有機野菜・無農薬野菜から無添加食品、環境に配慮した雑貨まで、約3500品目の宅配を行っている大地宅配

旬のもの、作った人が見えるもの、大事に流通されてるもの、体に優しいもの、何より美味しいものってこんな都会のどこにあるのかな〜と漠然と思っていた時に出会った大地でした。

基本的には生協の宅配なんかと一緒で、カタログを見て注文、毎週1回決まった曜日に配達(地区により決まっており選べない)があります。大地を守る会が運営する大地宅配なので大根の葉っぱはもちろんボーボーだし、さっき畑から抜いてきたばかりかのように土でドロドロだし、野菜から虫が出てくるのもあたりまえ。しかしこんなところに安心を感じます。

味はさすが有機だけあってハイグレード!野菜本来の味がして驚きます。
しかしお値段もハイグレード(^-^;) 今はいいけど、子供のいる大家族なんかは大地だけだと大変だと思います。

食べ物はもちろん、雑貨も見てるだけでワクワク。木曽檜のおひつ、まな板、まげわっぱ、びわこふきん、土瓶なんかを大地のパンフレットで見つけた時は、ほんとかゆいところに手が届くものに出会った!という感じですっごい嬉しかったです。

不規則な仕事で留守もあるし、宅配がうちの生活リズムに合っているかどうか試すつもりで始めた大地だったけど、想像以上にメリットがたくさんあります。

まずはやっぱり
美味しくて安心なものが買えるようになったこと
旬のものが何かを知って、いただけるようになったこと
いつでもそうできるという場所と安心感を得られたことは大きかった。

それに、
*食費の管理が容易になったこと
毎週1回、月4〜5回の宅配なので、例えば1回の注文が1万円としたら4〜5万と。我が家は3万くらいで抑えたいので1回の注文が8000円以内に収まるようにする。ネットで「買い物かごに入れる」とポンと合計金額が出て来て、本当に必要か何度も確認ができる。それも好きな時間に。スーパーだとかごに入れても瞬時に計算できないので、これはいい。

*外食をしなくなったこと
もともと普段は外食をしない我が家だったけど、私が仕事帰りで遅くても食材が常にあるので、すぐ料理に取りかかれるから心苦しい外食をしなくてもよくなった! 単純だけど、大事に作られたものは、大事に食べるようになった!

*オットが料理をするようになったこと
よくできた主夫と言って頂くうちのオットさんですが、唯一料理は全くしないのが心配だった。とにかく私がいなくても体のためにちゃんと食べてほしいのだけど、 例えば作り置いて行っても会社から帰って一人だと食べる気しなかったり、遅いから食べれなかったりして、仕事から帰って来て冷蔵庫を見ても減ってるのは牛乳と納豆だけ、という状態が多かった。かといって、市販の加工食品を買い与えるのには抵抗があった。のが、加工食品も安心して買えるようになったので、簡単なものは自分で用意するようになったうえ、最近はレベルをあげて、自分で季節の野菜をちゃんと調理して食べるようになった!

*時間の節約になること
仕事帰りに大きな荷物を引いてスーパーに行って、買い物して帰るのは至難の業だった。休日も、自分たちのやりたいことにすぐ取りかかれるようになった。それに、重い荷物を持って帰って来なくてよくなった!

*スケジュールに合わせて予め冷蔵庫のラインナップを調整できること
最初は私が不在の時は注文しないどこう、と思ってのだけど、思いのほかオットさんがはまったため、毎週頼むようになった。自分達のスケジュールを見て、ここは頼みすぎない方がいい、とかここはガッツリ休みだから多めになどを予測して買い物ができるようになった!

*美味しい魚が食べられること
新鮮な魚には困らない土地で育った私は、家に魚がないとどうもダメらしく、好きな時に魚が食べられないことにストレスを感じていた。かといってピチピチのものはこの界隈では手に入らないし。でも大地には安全で美味しい魚がたくさんある。都合上、生の魚を注文することは難しいのだけど、干物や漬け込み魚が常にストックできるようになった!

などなど、いいことづくめです。

今日は火曜日で大地の日。
朝のピンポーンに全く気づかず、留め置きになっていたことに夕方気づき箱を運び入れた。
Dscf4144

一番大きい箱はベジタSという旬のお野菜のお楽しみセット。ベジタ+他に800円以上の買い物をすると210円の配送料が無料になるという定番でもあるのでほとんど毎回頼んでいて、この箱を開ける時はほんとワクワクします。収穫具合や天候なんかで内容がいろいろ変わります。

今日はこんなラインナップ
Dscf4422
Dscf4423
ここでまたメリット
*自分では手に取らない食材に出会い料理できること
セロリアック、スイスチャード、四月しろ菜など知らない野菜に出会って、なんだこれ〜?っていう発見と、料理法を考える時と、食べれる時はほんとに学びだなあ、と思う!

次回はまた個々のお気に入りなどを紹介したいと思いまーす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

塩はここしか!

もはや国民食のラーメンですが、
御多分に洩れず我が家も大好物です
なぜ急にこんな話題かと言うと
今無性にラーメンが食べたいからです!

去る1月2日はオット実家の山梨から帰ってきて、そのまま武道館で年明けライブで 、その帰り道にはやっぱりラーメンでした。

そこは銀座の「船見坂」というラーメン屋で、いろいろメニューはあるんだけど
絶対「アサリそば」でよろしく
ほんとに
唯一無二と言うしかない
ここの塩味は

オットはラーメン評論家(なんていう職業があるんだね)の石神君のラーメン本をめくっては、私に隠れて営業の昼なんかにラーメンをすする。そして帰ってきてニンニク臭でバレるのだが、塩だけはここに勝るものはまだないらしい。

厳密にいうと
塩味じゃなくて塩ラーメンじゃなくて
アサリ味のアサリスープのアサリラーメン
日本ってすごいよね
こんな繊細な食べ物が存在するんだよ?

機会があればぜひ
いや機会を作って絶対に食べに行ってみて
損はさせまいよ

浅蜊そばの全貌 ちなみに大盛りも値段は同じ
080102_2116_2

飲み干すオット 
スープはあまり飲めない私も同じ状態になります
080102_2126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金の話をぶっちゃける時

7日にインフィル契約内容の決定
11日に地鎮祭
契約から約9ヶ月
家のこともちょっとずつ落ちついてきました
逆に言うと、もうすぐ1年が経とうというのに未だ着工できていない…
大丈夫なのか心配でもあるけれど前進はしているからまあ大丈夫だろう、と。

以前日記にも書いた、わがコーポラの宣伝と親睦を兼ねたフェスタで
三井生命保険のFP(ファイナンシャルプランナー)さんが招待されていて
寒空の下ちょこっと話をしたのだけど
11日の地鎮祭の日の午前中に
腰を据えてお金の話をしに行くことになりました

同じコーポラの住人さんご夫婦がすでに行かれているのだけど
なかなかよかったようで
もう随分前から漠然と不安に思っているお金のこと
洗い浚い話して楽になってしまいたい…と、
カツ丼をつきつけられた罪人のような気分でいました
必要のない心配はしたいくないし
何よりまずゴールを知りたい
でもお金の話のゴールってよく分からんよね?
その方法もさらによく分からんよね?
まずは行き先が知りたい私にとってはもってこいの形では?と
行くことを決めたのでした

大体のことって絶対何とかなるんだけど
それって選択肢がなくなった状況で使う言葉じゃないかなと思うわけ
納得して決めてその後に「何とかなる」っていうことが大事だと思うので
やはりまずは現状を専門家に見てもらってゴールを確認して
どこまで頑張ったらいいのかとかよりもむしろ
これ以上は頑張らなくてもいいラインを知りたいと思います
そうできると
また不思議と余裕が生まれるものだと思うし

その相談はPMM(パーソナルマネーマネージメント)というもので、
http://www.mitsui-seimei.co.jp/pmm/
簡単にいえば
目標を確認して
我が家に必要な提案をしてもらえるというもの
まずは情報(厳然徴収、貯蓄、保険、生涯報酬等)を全部提供して
現状を把握してもらったあと
そこまでの道のりをアドバイスしてもらうという
最新のシュミレーションソフトにより
50ページにも及ぶ我が家だけのマネープランがたたき出されてくるらしい

設計事務所のコーディネーターさんにも簡単なライフプランは相談できるのだけど
やっぱり大きな会社にはいい材料があるらしく
「例えば保険の無駄とか見直すいい機会ですよ」とのこと
ちなみに三井生命保険を売り込まれることは絶対にないらしい
見直すも何も
保険…。うち、ふたりとも生命保険入ってないんですよね、ハハ
むしろ、どんなのがいいのか勧めてもらいたいところじゃ?!

今はまだ試運転期間なのか相談やシュミレーションは無料
これ大事
また成果を報告したいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »