« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

2007年11月23日 (金)

フリマ&住まいの体験会

こんばんわ。
昨日のうたばんのクイズコーナーで、旧ソビエトの指導者スターリンの写真を見て 「ファンファン大佐!」と即答していたkorinkyです。

さて、こないだの連休の話を少し。

前置き:
11月22日(木)
朝2番目の飛行機に乗ってうちの両親上京。退社が2時間ばかし早まった私と夕方4時頃うちの自宅で合流。それからは晩ご飯の支度と晩酌で、オット帰宅後明日(23日)の準備に取りかかる。今回の上京の一番の目的は、幾度となく上陸が阻まれていたikekoとGちんの愛娘ゆいたんにご対面すること(ただしサプライズ)。それからMつん達(大学の友達)とMつんのお店で飲むこと(ただしサプライズ)。うちの実家は徳島という辺境にも関わらず、幸いにいろんな友達が遊びにきてくれて、うちの両親がこちらにやってくると会いたいと言うたくさんのお友達がいるのです。とにかくまた連日お酒が途切れない予感(K先生、すみません…)。

子供を考えるなら、お酒はダメよ、とこないだの料理教室でK先生にくぎを刺されたばかり(>_<)。ええ、でもまだしばらくは…ってことでまたこんなことになってしまってます。

11月23日(祝)は、私たちが建ててる家(コーポラティブハウス)の設計事務所主催のフェスタがある日。

で、朝早くからおかんと重箱に弁当を詰め、車に荷物を詰め込み現地に向かって出発シンコー!しました。途中事故渋滞に巻き込まれるも、無事到着。現地ではすでに準備が始まっています。

今回のフェスタは、私たち夫婦のコーポラが建つまだ更地の敷地で、入居者みんな(うち含めて現在4家族。今回参加は3家族)や設計事務所スタッフによるフリマ&住まいの体験会と名付けられた、

自然素材の左官体験
http://www.ashlight.co.jp/

高級塗料ポーターズペイントによる既存壁への壁塗り体験
http://www.porters-paints.com/

ファイナンシャルプランナーによる無料資金計画相談
http://www.mitsui-seimei.co.jp/pmm/

グリーンコンシェルジュによるグリーン相談や販売
http://www.karanara.com/indoor/

設計事務所によるまだまだ募集中のこのコーポラの現地説明会(これ大事)
http://01-office.co.jp/project/sengawa/index.html

などなど、盛りだくさん!

これには誰でも参加できて、ご近所の方に、ここにこういうマンションが建つんだよ、ってこととか、私たちが入居するんだよ、ってこととか、そういう雰囲気を感じてそれってなに?と知ってもらうこととか、そういうことをいろんな体験やフリマでの交流を通じて感じてもらうっていうのが今回の目的。

ただーし、この日は関東一番の冷え込みの日で、しかも風強し!そしてフリマブースは日当りゼロという過酷な環境。そんな予想以上の寒さに耐えつつも、家族一同楽しみました。

合間、トイレは最寄りのコンビニ頼り。億劫で我慢してたら膀胱炎になりかけた!持ってきたお弁当を食べるのにもとにかく寒すぎて、結局コンビニでカップ麺を買ってすする始末。ホットのお茶も一瞬で冷めていく…。普段そんなものを食べてないおとんがラーメンに食いつ食いつく!そう、まるでめったにお菓子を食べさせてない子供のように…。

フリマは思っていたのとは違った商品が売れ(洋服とかは売れず、タオルなど実用品が出るんですね)1万5千円程の売り上げに。おかんが持ち込んだものは結構売れたなぁ。
Img_0977

気になっていた説明会にも数組が訪れ、そのうちの1組から後日申込が!寒い中、スタッフが頑張った甲斐がありました。1年後ご近所さんになる私たちの寒さに震えながらも和気あいあいとした雰囲気も感じ取ってくれてたら嬉しいな。

そうそう、このフリマでは私がよく遊びに行っているブログ主で、同じ設計事務所のコーポラ住人のAINOSUさん&メガネさん(旦那様)ともご対面!うちのお店で小物をお買い上げ頂きました。もっと暖かいところでゆっくりお話ししたかったです(*^-^)

 

その後、夜は舞台をMつんの店がある立川に移すわけだが、その前にこの冷え体をどうにかしなくては、生死に関わる!ってことで、敷地から歩いても行ける距離のお風呂へ!

仙川湯けむりの里
http://www.yukemurinosato.com/sengawa.html

こういうお風呂が近くにあるとみんなが遊びにきてくれてもいいね。歩いて来れるしね、といいながら温まる。冷えすぎてて痛いけど、気持いい!

いやぁ〜助かった。あったまった、極楽極楽…
と思いきや、脱衣所でおかんダウン…顔が真っ青で冷や汗かいて貧血状態。そのうち嘔吐。少し休んで復活したけど、原因はおそらく直前に食べた弁当。腐ってたんじゃなくて、血が胃に集中した。要は食べ過ぎ!おかん、あんたはどこまでそうなんだ…。

で、すっかり湯冷めしたおとん&オットと合流して、夜の部の舞台立川へ! おとん&おかんが行きたいと行っていた、Mつんのお店でみんなと合流だ〜。

こんなかわいらしいお客様も。ありがとー。
Img_0987

ポーターズペイントのワークショップとしてみんなで参加した壁塗りの壁は、このPJのイメージカラーであるグリーンに塗られ、建物が出来たあとは、ゴミ置き場の壁になるそうです。ゴミを出しに行く度に今回の思い出が甦ってきそうです。

Img_1013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

気にはなってます

最近めっきり怠っていたブログ更新ですが、
ネタはたまる一方であります。

過去日記になりますが、徐々に更新していきまーす。

♢組合結成式
http://canoeing-korinky.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_2ac7.html

♢コンロ比較
http://canoeing-korinky.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_d70f.html

♢母校の大学祭でオッパッピー
http://canoeing-korinky.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_af49.html

♢清次米×家庭用精米機=…!!
http://canoeing-korinky.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_1a43.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

清次米×家庭用精米機=…!!

昨日、叔父清次ばんから今年の新米が届きましたぁ〜!
(あちらでは親しみを込めて仲良しには○○ばんと呼びます)

Dscf4246

Dscf4247

母は長崎の五島列島出身で、今でも母の妹夫婦が住んでいます。 (五島の旅についてはこちらここ
二人は農業を営んでいて、米にレタス、メロン、アスパラガス、ゴーヤーなどなど、どれもほんとに美味しい!叔母手作りの麦味噌も大好きで、久しぶりに今年遊びに行った時もちゃっかりもらってきました。

そこは九州は五島列島福江島の岐宿という地区で、福江の中でもおいしいお米が取れると評判の地域ろらしく、現地のタクシーのおっちゃん曰く、五島では「嫁に行くなら岐宿に行け」ってくらいなんだと。(ちなみにタクシーのおっちゃんの娘は福江市に嫁に行ってしまった…と悔やんでいた)

うちの実家ももちろん田舎なので、お米には困らないのだけど、清次ばんのは、なんというか、絶対的に美味しい。何が違うって、見た目、洗った時の感触、捨て汁までや、炊いてる最中の香り、炊きあがりの味、炊いた翌日の味に、おにぎりにして時間が経って食べた時の味まで

明らかにウマいんです!

そんな清次米ですが、困ったことは長持ちしないこと。これは清次ばんのお米に限らずですが、白米だとお米はどんどん品質が下がっていく…。色が白っぽく変わってきたり、虫がわいたり。そうすると当然美味しくなくなってしまう。

それで、以前からずっと多分2−3年前からずっと欲しかった家庭用精米機を先月とうとうゲットしました!

071001_1825

もともとは分搗き米を食べたいから家で精米したい、と思っていたのですが、精米機があれば清次米も玄米で送ってもらえる! 玄米は白米より長持ちするし、野菜室をブン取られる心配もない。米は生ものなので、なにより精米したてが美味しいのは間違いないのです。

で、昨日早速精米して、炊いてみました。
4合玄米から白米に精米しましたが、5分程でできて、早速洗う…すでに香りが違う〜!それで炊いた清次米はもう、この世のものとは思えないウマさでした!

バンザーーイ!!これぞジャパニーズアンデンティティー!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

母校の大学祭でオッパッピー

11月4日は私たち夫婦の母校の大学祭でした。毎年この日には(この日だけじゃないけど)仲間が集合して子供も大人も野放しされます。芝生の広い広場があったり、自然がたっぷりで改めていいとこだよなーって思います。

しかしながら昨日はいつもと勝手が違った…。
10時頃合流した私たち、とりあえず昼からビールで乾杯して、ベンチに座ってシートを引いて、最近の話とか子供と遊んだりとかまったりモードだったのですが
見る見るうちに人がどんどん集まってくる…!そう、今年はなんと小島よしおがやってくるというのだ。あたしたちが学生の時はブレイク前の極楽とんぼとかバブルガムブラザーズだったのに(笑)

小島かよ〜 (つまらん)
なんて思ってたらとんでもない!!
見よ、この集客力
Dscf4224
大学祭始まって以来の事態だそうです。今や小学生に人気ナンバーワンタレントなんだって。それでもうどうにもこうにも動けなくなっちまって、しかもこの時期なのに日がさんさんと、ほんとにとってもさんさんと差してくれて!
「あっちーーーーーー 足痛いーーーーー(ToT)」と大の大人がぐずるくらいの過酷さ。あたいらはただ、みんなでまったりしたいだけなんですけど〜 !
でも生で見た小島はほんとにいい体してました。 腹筋が日に照らされると影が出来て6筋が浮かび上がってました。

出てきた小島はちょっとしたトークといつものネタを披露して、大人も子供もかなりの盛り上がりよう。最後は裸足に何か刺さったような様子で撤収していった。大丈夫か?それと同時にその観客も一気に撤収!やれやれやっとこ座れるよ〜って思ったら、今度は日が陰ってきて激寒い状態でブルブル…
「何か汁もん食べたいよね」
「けんちん汁とか」
「けんちんうどんってビンゴじゃない?」
「はいそれ!」
「(学生の露店にあるかどうか知らないけど)買ってきて〜」
「山田うどん行った方が早いかもよ」
「山田うどんなつかしー」なんて
大人は現実逃避しまくりの中、子供達は元気に遊んでおりました。 今回も子供たちにパワーをもらうことができました。ありがとう!

Dscf4234

その後近くのファミレスでお茶(一部はしっかりご飯)をして、「よいお年を〜」「いや早いって」とバイバイしました。帰りはフーミン&ももかを車で送りがてら大人トークをして、帰り道にジャスコに寄って、車だから!とチャリだと重くて面倒に思う買い物をして帰宅しました。

ジャスコでは沈没して車で寝ていたオットでしたが、帰宅後は私が沈没して、3日連続化粧も落とさず寝てしまった。

ああもう若くないのに。

ゴリポンと子供たちが手をつないで、何サークル(笑)?

Dscf4232

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

コンロ比較

採用を検討しているコンロ+doに新シリーズ+doグリレが発売されました。
http://canoeing-korinky.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/do_griller1025_a39d.html

さて、確認したいことは、細かい仕様の違いや機能、使い勝手などのハード面と、感触や印象などのソフト面。それから世間の評判なども。ということで、東京ガス新宿ショールームへ行ってきました。担当についてくれたのは名札に研修中と書いてある若いお姉さん。前回の不完全燃焼経験がまた頭をよぎるが…今回は頑張ってくれました(笑)。

【+doグリレの特徴】
♢広がった幅26cmのグリル
 「さんまが一度に5匹焼けます」が合い言葉。一方+doは4匹。

♢両口に対して油温度調節、湯沸かし機能、調理タイマー付き
 3口のうち、奥の小さいコンロには自動炊飯機能があり、ご飯を炊きながら手前のバーナーもこの便利機能をフルに使える。一方+doは右側一口にのみ同じ機能がついていて、他にはないので、「同時に」という状況がない。

♢グリルに「パン/ケーキモード」が搭載
 +doシリーズは両方ともグリルで専用ダッチオーブンが使えるのが特徴。その際は+doではタイマーを設定するだけで、火加減は調整できなかったのが、グリレは上火が弱くなる「パン/ケーキモード」がついている。そのため、上面が焦げやすかったのが改善されたとのこと。そして、グリレにはピザ用天板がついていて、Mサイズピザが焼ける。

♢フラット天板と五徳まわり
 グリレはアルミのフラット天板で溝なし。五徳を洗う時は五徳だけを外す。それ以外は外れない。一方+doグリレはステンレス天板で、全五徳を支えるゆるい溝がある。全面五徳が3つと、各バーナー回りにもうひとつカバーがある。

♢プッシュタイプの着火つまみ
 他のピピッとコンロ同様、グリレの着火はワンプッシュ、火力はそのつまみを回して調整し、消化もワンプッシュ。着火すればつまみを回しきっても火が消えることがない。一方+doは上面につまみがあり、従来の方法で着火&消火。

といったところ。こう書くとグリレに決まりなんじゃ…という感じだけど、とっても迷っている。

【+doに傾いているところ】
♢グリレの分割大型五徳は思ったよりも安定しているが、全面五徳の比ではなく、中途半端。

♢ダッチオーブンのサイズは+doの方がグリレより一回り大きい。ダッチオーブンを使う時は大きい素材を扱うことが多いと考えると、グリレのものは小さい気がした。

♢グリレの枠に縁のないフラット天板は、汁漏れの時などにせき止めるのもがないので、ダーーッと床やテーブルを汚す可能性がある。掃除はグリレの方が楽そうだけど、+doも継ぎ目のない1枚板なので、結局さほどこだわる部分ではない。

♢単純に、ルックスは+doの方が好きで、うちのテイストに合う気がする。機能はどんどん進化する。機能にはある程度満足していれば、テイストが合っていることの方が長く愛するには重要な気がする。特にこのような、あまり買い替えられないものに関しては。

♢グリレは着火のプッシュボタンが軽く、ちょっと押しただけで点火するのが逆に心配なところ。プッシュして点火することにそもそも慣れていないというのと、+doはまわすつまみが上部についているのに対し、グリレは押すだけのつまみが側面についていて、しかも他のシリーズのように使ってない時にも出っ張ったまま、引っ込むことはない。チャイルドロックはついているけれど、ポンポン押せてしまうので厄介。自分も用事している間に押してしまいそうな…

♢バーナーの便利機能はうらやましい気もするが、うちにガスで毎日ご飯を炊くという習慣はなく、これからもないと思う(それよりマイコン圧力釜がほしい)。ということは、ご飯を炊きながら他の調理をすることはないので、+doでも十分。

♢幅広コンロはうらやましい気もするが、オーブンもあるのでさほど不自由しない気がする。確かに直火のピザはおいしいと思うけど…。

とまあ、長くなるのだ。それほど悩み多きこの設備。楽しい悩みだからいいのだけど。こうやって、コーポラは完成まで新シリーズ、新商品発売に踊らされることになるんだろう…。コンロについては12月までは悩めそうなので、もうちょっと妄想したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »