« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の記事

2007年1月29日 (月)

月曜のお休みには

今日は旦那さまが代休のためふたりでお出かけ。
柏の洋服屋さんに、こないだ買ったパンツを取りに行く。
ほんとは昨日行きます、って言ってたのに
仲良しの店長さんは今日お休み。
申し訳ねぇ。くれぐれもよろしくお伝えください、と店を出る。

お腹が空いたので何を食べるか?って話になったら
ラーメンってことで意見が一致。
しかもトンコツまで。
ですよね〜、その気分分かるわ〜的な。

トンコツといえば行きつけの店が流山にあって、
そこに行こう!ってことに。
そこはおんぼろで10人くらいしか入れないカウンターだけので
店に入るなりとってもトンコツくさい。
半チャーハンは絶対「半」じゃない量で、
ラーメンを待つ間ゆで卵が1個まで無料で食べれる。
そのゆで卵と横の紅ショウガをすすめるご主人が
ほんと独特で
あえて書くならば
「ゆでたぁまご、っ、紅しょうぉが
どーーぞ、ごじゆぅに、お使いくださぁ〜い」
…  うーん、違うが。
なにせ、それだけで飯が食えるたまらん感じで。

ところが
やっと辿り着いたら、なんと「貸店舗」の紙が (T_T)!!
店はもぬけの殻でした…ご主人 どこに行っちゃったの〜!?

ラーメンスイッチがONになっている私たちは
あきらめきれず北松戸の「美春」へ。
ここは味噌ラーメンですが、もう絶品です。
私はネギ味噌ラーメン(長ネギラー油和えがのってる)
旦那さまはとんこく黒醤油ラーメンとやらを頂きました。
お腹が空きすぎて死にそうだったのを
がっつり満たしてくれました。
うんめーーーでやんの☆

070129_1859




















帰りは申し訳ないのですが
私は助手席で爆睡でした。
すまん…。

追)
ラーメンの前に柏の葉キャンパス駅に寄ってみる。
マンションは着々と建設されて
街がどんどんできてた。
でもまだ何もないし
あたりは緑が多いので、空が広い広い。
写真は2年間限定で街づくり拠点になってる
「アーバンデザインセンター」。
キャンパス構想なるものを見せてもらいました。
その考えには賛成できる。今後に期待!

070129_1737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

三十路の祝い

考え抜いた結果
これを買いました。

Canon EOS Kiss Degital X
レンズはTAMRON 17-50mm F2.8

デジタル一眼レフです。

久々にマツのブログを見たら
かぶってる。
いーかいもんしたじゃーん、お互い☆

「30歳になったら自分へのプレゼント」

カメラにしようか
ダイヤのネックレスにしようか
迷っていた。
普通の女の子なら
迷わずダイヤ、だろうか。
しかし、私はこれにした。
メカが好き、なのだ。

私のカメラ、といえばまさゆきちゃんのお下がりのNikon FM2。
このカメラで撮れる景色はもう絶品で、
きっと新しいCanonにもかなわないと思う。
が、完全マニュアルでストロボをつけてないので
夜とか室内とか動き回るものを撮るとなると至難の業。
で、おでかけにピッタリのコンパクトデジカメを買ったが、
やっぱりこれでは物足りなくなった。

デジタル一眼レフのボディは
2ー3年で新しいのが出て買い替えるのが普通らしい。
一方、カメラのレンズというものは半永久的に使える。
それで
ボディよりもレンズを何にするか(メーカーや焦点等)幾晩も考えた。
シグマよりもタムロンにしようと決めてから
また幾晩も考えた…。
この過程が楽しくてたまらんのだよ〜。
撮りたい絵を想像して、それにふさわしいレンズを選んでいく。

結局買ったのは広角から人物までいける、いわゆる標準レンズ。
そのうちいつか子供ができて
運動会なんかに行くようになったら、望遠もいいかもしれない。
マクロは迷った〜 けど、
これはコンパクトデジカメもなかなか優秀なのでよしとした。

カメラ好きの中では、「レンズ沼」という言葉があるらしい。
それをちょいと味わった三十路の贈り物だった。

デビュー戦には、と決めていた、大事な子を撮った。
ワンツースリーの日に産まれた”結”だ。
ファインダーを通して見ると
不思議とそのモノ(ヒト)の見えないものも見える気がして好き。
物語がある、というか。
空気が見える、というか。

今回、レンズを選んでいて一つ分かったことがあった。
まさゆきちゃんのNikonのレンズはとっても明るい、ということだ。
レンズはレンズ自体に絞りといって光を通す羽のようなものがあり、
その絞り(の穴が)が大きい、つまり羽がたくさん開いているほど
光を多く取り込むので、明るい。
室内や夜景など、暗いところで写真を撮るのが難しいように
カメラは光を持ってなんぼ、
レンズは明るいに越したことはない。
しかし、明るいレンズは … 高価だ。
ところがまさゆきちゃんのレンズは標準の数倍明るく、
それでいて単焦点。
つまり、近くも撮りたいし、遠くも撮りたい、なんてわがままがない。
いや、厳密に言うとわがままではないのだけれど ー 潔い。
ちょっと遠いところも、広大な景色もそこそこに撮れるんじゃない、
そこにあるものがそのまま撮りたいんだ、と。

まさゆきちゃんは、私が産まれたときにあのカメラを買った。
大事な我が子を
自分が見るのと同じような景色で
明るく豊かに撮りたい
近くにいるならそのように
遠くならまたそのように
できるだけ太陽の光だけで、細工せず
そのまま 

自分のレンズを選びながら、
私は間違いなくあの日のまさゆきちゃんの想いを垣間見た。
そしてちょっと泣けて、あたたかくなった。

奥多摩にあのNikonを連れて行った時、
同じように首にカメラを下げた見ず知らずのおじさんが、
橋の上で私のカメラを見るなり
「それはいいレンズだ、いいレンズだよ」
と言った。
それはほんとにそうだったんだな。

同じくメカ好きのまさゆきちゃんが
私がカメラを買ったと聞きつけて電話してきた。
「その値段やったら上等じゃ」と言った。
Nikonはもう重いし、老眼でピントがうまく合わせられないから、と
数年前にジャパネットでオートフォーカスの一眼レフを買った。

まさゆきちゃん、
これなら楽に撮れるよ。
またたくさん撮ってよ。

いい買い物をした
記念の誕生日。

070201_2116_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

330968065_122












NYからの帰り道に旦那と合流してikekoんとこへ行ってきた。

生まれたての赤ちゃんに会いに行くのだ。
こじんまりとしたきれいな病院の角部屋に
その天使はいた♪
「結」と書いて”ゆい”。
元気で産まれてきてくれてありがとうの気持ちでいっぱい。
ikekoも長い分娩によく頑張って
かーちゃんも立ち会いつつ一部始終をカメラに収めて
もーー、えらすぎ!!

これからもよろしくね。

330968065_102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

天使がやって来た

ずーーっと楽しみにしてたことがついに現実になった。

友達のikekoが、今日かあちゃんに
G君がとーちゃんになった!
ちびたんがうちらと同じ世界にやってきた!

妊娠が発覚してから
スーパーちびのikekoのお腹はちょっとずつ大きくなって
ほんとにまーーんまるで
元気にハイタッチしてくれるちびたんに早く会いたかった。

ふたりならきっと楽しい子育てを展開してくれるはずで
今までみたいにそういうふたりに
あ、3人に♪幸せいっぱいもらえること間違いなしなはすで
その姿をこれからもずっと見ていけることに
幸せを感じてます。

帰ってきたら会いに行かせてね〜(^0^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

モツモツモツ♪

明日、1泊で旦那と福岡にモツ食べに行ってきます♪
お店は「やま中」。
私、始めてもつ鍋を食べたのがこのお店でした。
それまでもつ鍋とはもつ煮だと思っていた私。
完全に花やしきの路地の屋台イメージです。
じゃあトロトロに溶けてるし、味もあれで、
飲み物はホッピーで決まり、ってわけだ!と。

でも違ったわけだよ。
これを一度味わってもらいたくてっ。
念願かなって、この重なった土日休み利用して行ってきます!
それ以外の予定は特にありません(^_^;)
あ、松翁軒のカステラと
こじま亭のもっちープリンにお目にかかれたら幸せ。

食いもんばっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井の中の蛙

今の仕事に行き詰まり感を感じていたのには
いろんな理由がある。

ステッブアップしても変わらない仕事内容に
キャリアを重ねたその行く末に
お相手との関係に
自分の力が及ぶ範囲に

仕事をしている人なら誰でも感じる
こういう事たちの中で
今ももがいている。

そんな中で、今回 改めて感じた理由。
”横のつながりが感じられないこと”

普段、普通に仕事してて、
横のつながりを感じるチャンスはほとんどない。
他の部署の人達と
ゆっくり話す時間はない。
大勢の人達と確実且つ的確にコミュニケーションを取るために
時間をかけるということはむしろ必要とされないでいる。
もちろん、その場じゃないところでそれはされるべきなのだ。
毎回メンバーも変わり、仕事は完結するから
継続もしない。
もちろん、これもその場じゃないところで継続されるべきではある。
でも普段普通に仕事をしていてもそれはできにくい。
自分は今何の為に働いているのか? は見えにくい。

3年前、部のちょっとしたお手伝い役になって
仕事とは別に職場の行事や部内紙発行に携わったことがあった。
この頃も仕事に、きっと今以上に価値を見出せずにいて
上司がすすめてくれるままに参加した。
そのお陰で、いろんな人達とゆっくり話せて飲めて
わがままも言える関係ができた。
でも、今思うと部内止まりだった。

今回、外に出てみたら
頭のいい人
すごい人
圧倒される人
良い人
この会社で働いてなくても、魅力的に思うだろう人
いっぱいいた
それは、ある意味救われた気がした。
組織があり人、ではなく
こんな人達が集まってる、それが今私のいる組織
なんだ、捨てたもんじゃないなあ、と。
そして、彼らの顔が見えたら 
自分のその役割と意味も少し見えた。

いかに自分が井の中の蛙か知ったこと
大海があったことにちょっと気づけたのは
サラリーマンとして光栄だったと思う。
そういうことは自分をもっと疲れさせると思っていたけど、
不思議と、なんか楽になった。
日々の自分はどこから来て、
どこに向かっているのか見えた感じ。
楽になったら、またありたい方向に歩けるもんだし。
こうやって働けるのって絶対限られているもの。
ここにずっといられる訳じゃないけど、
この仲間はいつまでも応援していきたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

三十路それは30歳

今日は私の誕生日。
ってことは、おかんは今日でおかんになって30年です。
おかん、おとん、ありがとう。
30年間も元気でたくさん笑ってます。

さて、 いつ三十路になったのか分かりませんでした。
気が付いたらいつの間にか1月18日になっていました。

帰ってきたら花屋さんから留守電が。
かけ直すと、今から作ってお届けします、とのことで、
できたて?とワクワク待っておりましたところ、
S美ちゃんからのプレゼントでした☆
そう、愛すべき義妹です。
「カラーを使って欲しい、とのことでしたので」と花屋さん。
「30歳の誕生日なんで、大人のカオリをってことだと思います☆」
と玄関で小話しつつ、
誕生日をかみしめております。

070118_2000 いきなりですが、

みんなは30歳の節目に
何を自分にプレゼントしましたかー?
あたしはあれと、これで迷っております!
うーーん、どっちか買ってくれ!旦那よ(笑)!

今年も一年いっぱい笑いたいと思います。
今年もいっぱい元気をください!

070118_2223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

撃沈

トレーナー教育が終了しました。
期待、あきらめ、撃沈でも希望と夢。
想像以上に収穫の多い3日間でした。
今後のビジョンなどを探る意味でも
できる範囲でシリーズ化して報告しようと思います。

メンバーはいたるところから。
私たち以外はほとんど私より若手です。
1日目は期待が高まって、
2日目は不安、不満がいっぱいで
3日目は緊張、撃沈 
終わった今は…
山積みの課題に放心状態でもあり、
こうなってよかった、助かった、というホッとした気持ち、
とにかく、機会を与えてもらったことへの感謝。

まずね、日頃「撃沈」することって
最近あんまりないじゃないですかぁ〜。
でもこれがありまして。

3日目ロールプレイやって、一人15分持ち時間があって
10人くらいのイントラ仲間を前に実際講義した時のこと。 
資料の内容も網羅しつつ、
受講生に落ちるような工夫を盛り込み、
且つ時間内に終わらせる。
本来なら1時間位かける講義を15分で、
だから絶対足りないところだけど、
それも練習、なんだろう。

ま、なんとかなるだろ!って臨んだんだけど、聞いてる人
(特にすごい上のおじさま)
の顔が真剣で、
私の選ぶ言葉、雰囲気、講義の組み立て方…全てに注目してる…
しかも、誰もこの時間、私を助けてくれないんだ
私が沈黙するとこの空間全部沈黙になる
急に怖くなって
途中で何言ってるのか分からなくなって
泣きそうになってしまった。
用意してた引き出しが、
おっちゃんの顔によってロックされてしまった(T_T)。
「あー、何言ってるか分かんなくなってきちゃいましたー!」
って
思わず言っちゃったんだけど、
そこに対するつっこみももちろんなし。シーン。
もういっそ殺してくれ、状態です。
で、話そうと思っていた体験談を話して、
そしてなんとか結びました…汗。
15分。長い長い。

そんな風になるとは思ってなかったので、
かなり撃沈。
「難しいテーマだったよな〜」
「一生懸命さはすっごい伝わってきた」
「経験談よかったよ、伝わるよ」
との講評に
痛々しかったんだねあたし、と解釈した。

いつもだったら助けてくれる仲間もいるし、
一緒に考えてくれる人もいるのに、
これからは、この与えられた時間はひとり。
その準備は絶対に、絶対に必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

明日から訓練合宿

昨日まで祝日で、
世間のほんとの気分的な仕事始めは今日なのでは?
といった感じの火曜日です。
うちの旦那様もいつもより少し早起きして仕事に行きました。
こういう暦通りの勤務パターンの人が身近にいるのは
人としてギリ首根っこつり上げてもらってるみたいで
妙にありがたかったりする。

明日から会社の研修所に泊まり込み。
来年度の新入社員教育の先生をやることになった。
ご存知の通り、私の上には五万とキャリアのある人がいるが、
なぜか、白羽の矢…。
上司との面接で「この仕事は楽しくない」と
言い切った後の内示とは思えない。

今までにも話題にのぼっていたけど
不特定多数の人に対してリーダーシップをとったり、
自分の気遣いを行動化したり、
利己的な感情をコントロールしたり、
そういうことの修行だと思って選んだ今の職なので、
ほんと毎日修行で、楽しいかというと楽しくはない。
私は本当はもっと、数は少なくてもいいから
その人にじっくり、継続的に関わっていたいし、
お互い記憶に残る関係でありたいと願う。
そう言う面では、全くご縁のない職種だと思う。
そもそも、この仕事を選択したのが間違っていたのではなくて
修行だと思って選んだので正解だったんだけど、
そろそろ次のステージかな、と思い始めて
早○年ですか。

唯一、楽しいと思った経験を思い起こすと
お手本通りに動けることがOKなのではなくて
その人の考えるベストを引き出せた時。
規則に縛られて
出会った人に2度会うこともなく
「私」という人間を頼り繋がり繰り返されることはない
そういう話をぶつけた結果、
こういう展開になった訳です。

今年の私は大殺界も明けて「種子」でして(数子かいっ)
しっかり種をまく時期で
何事も喜んで引き受けていくことが
今後に繋がるとのことで
明日はちゃんと起きて行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

明けましておめでとうございます

2007年のスタートです。
さあ、どんな1年にしましょ?
目標って決めた瞬間、拘束される感じがするのは私だけ?
なので、イメージ、漠然といいイメージを常に持ち続けたいと思います。

さて、毎日酒の断てないあたしです。
年末から一日も酒が切れていない。
今日もikeko実家にて新年会&お祝い会だし?
いやいや、幸せ。

今年もよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »