« はじまりの日 | トップページ | 冬支度 »

2006年11月20日 (月)

ちいさないいこと

近頃のオフはスクール三昧。
進捗状況はというと、ちょうど折り返し地点あたり。
あらかじめ決められた講義や実技を
自分の都合のいい時に取っていく完全フレックス制なので、
消化していくにつれて、おのずと取る授業が減っていく。
それはいいことなのだが、
逆に言えば都合がつかずに取れない相性の悪いコマは残る。
なので、それが時間割に出たら
どんなハードな仕事の次の日だろうが
朝起きて行ってしまう。

行ってしまうのだが、やっぱりハードなので
帰りの電車はぐったり。
そしてまたうちへの方面はべらぼうに混む路線で、
(混む度上位路線。埼京線に勝ったのはかなり不名誉…)
タオルやらスリッパやら着替えやら持ち込んで乗る私は
きっと周りにも迷惑な子なのだろう。

今回は精油の安全性や品質についてお勉強。
精油は植物の凝縮体なので、
かなりの効果がある=少なからず毒性がある。
アロマテラピストは国家資格ではないため、
管理は使う人に委ねられており、
危険性については知識を持ち合わせている必要がある。
目的は危険なものは使いません、と利用の幅を狭めるのではなくて
より幅広く自信を持って精油を使用するため。

例えば。
ローズマリー、タイム、カンファー、セージなどは
高血圧の人には避けた方が良いとされる。
逆に、低血圧の人には効果が期待される。

ローズオットー(いわゆるローズ)、フェンネル、ペパーミント、ジャスミンなどは
妊娠初期には使用を制限した方がいいとされる。
逆に、陣痛が始まってからは効果的と言われる。

作用が穏やかな芳香浴なんかでは全く気にする必要はない、
むしろ好きな香りを焚いた方がいいと思うけど、
皮膚や飲用(日本ではほとんどない)は注意が必要、とのこと。

効能と毒性。
いいところと気をつけるところがあるのは自然の摂理で
その真実がおもしろい。

そんなハードな日なのに朝から雨でした。
シャッフルモードにしたnanoの1曲目、
いつも今朝は何かなと期待するそれは
「日なたの窓に憧れて」でした。
マサムネの声に救われた。

かなり寒かったからあったい飲み物を買ってから電車に乗ろうと思い
なんでホットのペットはサイズが小さいのかなあ、
だとしたらホットの小と普通の買わないと足りない、
とか考えて駅前のローソンに入ったら
500ミリのホットペットがあった。初めて見た。

今日は雨だからブーツにして、必然とスカートになって
だから青になったんだけど
傘が緑で
鞄が紫だった。
って、初めてガラスに映った自分をみて気がついた。
どれも原色じゃないから意外になんとなく馴染んでいた。
ということはいろいろでいいってことだ。

帰りは美容院へ寄った。
デジタルパーマをかけた。
だから余計にふらふらして電車は爆睡だった。

|

« はじまりの日 | トップページ | 冬支度 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57849/4262600

この記事へのトラックバック一覧です: ちいさないいこと:

« はじまりの日 | トップページ | 冬支度 »