« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の記事

2006年8月22日 (火)

Hammock Life

「ハンモック」

んー、なんて天国な響きなんでしょうー。

あんまりハンモックに横たわる機会はないのだけど、
この間仕事でホーチミンに行った時のこと。
滞在が長めだったので、観光に行った。
「1DAYメコン川クルーズ」
日本人が経営している現地ツアー会社に申し込むと5,000円位
かかるものが、現地のツアーだとなんと7ドル!
破格なのか、日本人が高すぎるのか?

メコン川下って、生身のジャングルクルーズしたり、
養蜂場に行って(日本のような整備されているところではない)
ぶんぶん蜂の群がる柵?に指を突っ込み、できたてのはちみつをなめたり、
私的には死ぬ気の1DAYツアーだった!
ずっと体育会系で生きてきたけど、
陸上部出身の後輩とラクロス部出身の同期がいなければ、
ただへこんで帰ってくるところだった。
なので、とぉーーっても楽しかった!

そんな私たちが一番盛り上がったのが
途中休憩場所になったレストラン?一応、そうなんだろうな。
ただ屋根があるだけの建物だけど、
そこにあったハンモック!
いくつかぶら下がっていて、参加者(国籍バラバラの約20名)全員
なぜかゆーらゆーら、そしてにーこにーこ。
うちらはブンブンしたり、ゆらゆらしたり、ゴーーンってしたり、
ずーーっと爆笑してたっけ。
日本の女の子はちょっと頭弱いのか?と思われたに違いない。
でも、とっても癒された。
あのゆらゆら感がそうさせるのか?
下りたら体が重くて困ったけれども。

Dscf2782















そして帰ってきて考えた。

家に置けないか、と。
しかし、無理だった。

ベランダは??
本気で考えた。
でも無理っぽい。

もし家を買ったら、欲しいなハンモック。
そんな私の欲望をつかむようなサイトを発見。
買う予定はなくとも、時間があればのぞいています。
Hammock Life

Mar

ゆらゆらゆられて
こっくりなりたいものだー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

リフレッシュ=距離を置く?

夏休みが終わって、おととい社会復帰をしました。

と、とたんに体中筋肉痛です!
一番ひどいのは太とも前面、肩甲骨、そして腕です。
そして足は靴擦れで水ぶくれ。
親指の付け根には両足ともマメでもれなく皮が剥け…泣。

一体どんな仕事してんだよっ、って
知らない人は突っ込みたくなるだろうなあ。

しばらく仕事を離れていたら、ほんとにリフレッシュしたらしく
いつもキーーッツ!ってなることに
あんまりならなかった。
その問題がほんとに悪いこともあるし、
煮詰まってることもあるんだな、って思った次第です。

だから、距離を置かないと
大事なことが何なのか、分からなくなってしまうんだなあ、と。
一生懸命なんでもやってしまう人は要注意だぞ、と。

明日もいい具合の力加減でいけますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

10年前と10年後

10年前と10年後

パスポートの更新をした。 大学3年生の時にして以来。
あれから10年経ったんだー。

10年一昔と言いますが、 あの頃はまったく今の生活を想像できなかった。
アメリカ留学を前に 飛び出す快感と 誇りと 自由への感謝と。
だからか、 10年前のパスポート写真は微かに、笑っている。

自分の選んだ積み重ねが道を作るから、 と信じていたから
将来に特別不安はなかった。
私はなりたい自分になるし、 やりたい仕事に就けるし、 きっと大丈夫って。
でも時期的に就職には心配(3年後期からの留学だったから)
的な空気を取り払うためにも 初めてパソコンを買って持ち込んだ。
日本の情報を得ながら、 どんどん自分に課題をかせて
留学行ってボケちゃったねーってことにならないようにしなきゃって。
頑張ってたな。

いい意味でもそうじゃない意味でも
想像してたのとはいく味も違った収穫を得て帰国して、
今の会社に就職した。

あれから約10年。 今度のパスポート写真は 笑ってはいない。
「りりしい」と旦那が言ったけど それって女子にも使うのか?
そしていい意味なのか?
どちらにせよ、明らかに10年前とは変わっている。

なにかを備えたような、
よそ行きにアイロンしたシャツを着て
やっぱりTシャツがいいなって思ってるような、
言い聞かせているような。
次の更新は40歳になる年。 40歳だ??
未知だ、未知過ぎる。

どんな顔で写るんだろ
家族は何人いるんだろ
どこに住んでるんだろ
何してるんだろ

幸せであるように、まわりのなるべくすべてが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の核になるもの

コーチングが5回目を終了した。
少しずついろんなことが明確になってきている。

自分のキャリア(仕事だけじゃなく全般的に)や
モチベーションのようなものを
一度じっくり建設的に考える
私はどっちに向かいたいのか?
地に足をつけて前に進むための
時間を、とコーチングを始めた。

私の一番大事にしたいものって?
って考えた時、
今の私にとって、意外にもそれは「自分」ではなかった。

自分の核を知る

それは絡み合っているし
時間は日々色を変えるから
大事なものって
その時々で変わる

でも核は

いつも天秤の重い方に座っている

そんなものが存在することへの
驚き
喜び
プレッシャー
不安
希望
感謝

ただ時間が過ぎてしまうのではなくて、
でもどうしようもないことばかりにフォーカスしてしまうのでもなくて、
自分が納得して選んで
ああ、私は地に足をつけて歩いているなって
実感できる毎日を送りたい。

みなさんの核はなんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

魂は奏でる

どうしても人が休んでいる時に休みたい!
暑い夏を楽しく過ごしたい!
ってことで、通年いつでもとれる長期休暇は
毎年夏に取っている。

今年も7月末から16日間(4日間は夏期休暇扱い。残りは公休&有休)。
我が家の夏の恒例行事と言えば、夏フェス参戦!
で、今年も行ってきましたRock in Japan Fes.2006 inひたちなか。
メンバーは今年も旦那&私、ロックな同期Mとその友達の4人。
それぞれツボが違うので、それだけで発見がいっぱいある。
060804_1119
炎天下で1日中、3日間生の音楽と太陽とおいしいご飯三昧。
とてつもなく広い国営ひたちなか海浜公園にステージが4つ、
いろーんな食べ物の出店が80以上、
動員数は3日間で14万人を超える、
日本を代表する大規模フェス。

誰もが知る有名アーティストから、アマチュアバンドまで
日にも日にも絶えず生の音が奏でられ、
最前線でもみくちゃ大騒ぎもよし、
芝生に座ってゆらゆらもよし、
テントの中で昼寝しながらでもよし
なんともいえない贅沢空間だ。

今年は参加アーティストの発表前にチケットの前売りがスタートという
若干風変わりな売り方だったが、
その時点で約5割が売れたと言う。
みんなあの場所が好きなんだな。

もちろん、我が家も即買い。
アーティストは誰であれ「空間」を買うから。

グループ魂と原田郁子ちゃんのありえないカラミ
ハヤシヒロユキの大荒れ?DJブース
少年ナイフのオールマイティなラバーバンドソング
民生の上等ひとり股旅
P-MAN(アマチュア)の満員御礼WING TENT
サンボの近藤さんの腰抜け入魂ベース
くるりの底力...

日常を離れ
魂の叫びを聴き
ゆれて
ふるえて
リセット&チャージする
発見して
恐れをとりはらう

子連れを見て
こんな炎天下に?と心配なような
産まれても来れるかな?と安心するような

来年も行けるといいな
060804_1759

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »