« リフレクソロジー開講 | トップページ | 5つの強み »

2006年4月23日 (日)

春のかおりとサッカー談義

実家から荷物が届いた。
ちょうど五島のおじおばが送ってくれたお米がなくなる…
まずい…と思っていたその頃。
テレパシーが通じたのか?

お米に、山菜(家族3人裏の山で採ったそう)、たけのこ(下ゆで済み)
煮豚、3枚におろしたイサギ(関東ではイサキ?黒鯛?)
枕サイズのマグロ(水産高校実習船に乗っている私の同級生のおみやげだそう)
皮を剥いた里芋…
そう、マメである。
その他、軽く我が家の1ヶ月の食を支えてくれそうな量の食材たち。
すみえちゃん(母55歳)は加減というものを知らない。
というか、敢えて踏み超えてくるところがある。
それを楽しむ感がある。

こちらは急いで冷凍するが、キャパオーバー…
なので料理する。

たけのこは山菜と一緒に煮る。
マグロは冷凍焼けしたあたりはこんにゃくとショウガで角煮。
残りも生はやめて、軽く表面を焼いてタタキ風にした。
060423_2027
その間に旦那は大好きなサッカーをテレビ観戦。
当日会場にいたのに、もう一度テレビで復習している。
結果も大事だけど、選手がどれだけ走ったか、とか
監督のコメントとか、
思い入れとか、年俸とか、いろいろ熱く語ってくる。
最初は全くちんぷんかんぷんだったけど、
最近はいろいろ選手の名前も覚えた(気がする)し、
ちょっと気になる競技になってきつつある。


そう言えば、こないだ仕事でフランクフルトに行った時、
ふらっとサッカーの試合を見に行けないかなあ、なんて思って聞いた
ホテルの従業員さんが大のサッカーファンで、
「サッカーのことだったら何でも聞いて下さい!!」って言って
熱く語りだしたっけ。

結局滞在中に試合はなかったのだけれど、
「仮に来週来るならね…」(って来る訳ないって言ってるのに)って
試合を調べ出し、
「あぁーー!これは地元決戦だからぜえーーーーったいチケットは取れないよ!!」
と言ってプラチナチケットの話になり、部屋に帰ったら
部屋の電話が鳴って、友達かと思ったらその人で
「なんと今日試合があるみたいですけど!!」って。
いやーー、今からは無理っしょって、
そしたらテレビの○チャンネルで○時から放映があるから
よかったら見て!って(笑)。

もうここまでくるとある意味尊敬、愛おしくなる訳ですよね。
同じものを我が家では毎度再現しているわけですが。

熱く語ったので、とてもお腹がすき、たくさん食べれてよかったです。

|

« リフレクソロジー開講 | トップページ | 5つの強み »

日記」カテゴリの記事

コメント

うちの義母も、我が家が3人家族って知ってるのかな・・・とつっこみたくなるくらい大量の食材を度々送ってきます。
嬉しいんだけど、悲鳴がでちゃうこともしばしば。
しかも、リンゴやキノコといった長野ならではの品に混じって、なぜかさきいかが混ざっている(笑)
意図が分からん~

投稿: しるくま | 2006年4月25日 (火) 23時52分

です、です。
うちも「それはこの辺にも売ってるって」って
突っ込み連発ですわ。
でも、すんごい助けられてます(笑)。
今でもお米が間に合わないでお店で買うときは
ココロが痛みます…。
米は買うものではない!自給自足するものだ!的に。
お互い親は大事にしましょう(^_^)

投稿: korinky | 2006年4月27日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57849/1536157

この記事へのトラックバック一覧です: 春のかおりとサッカー談義:

« リフレクソロジー開講 | トップページ | 5つの強み »